ピルの効果について

ピルは一時的に妊娠が起こらなくする薬

ピルの正式名称は、経口避妊薬といいます。世界中の女性に広く使用されている薬です。日本では、避妊用ピルの主流である低用量ピルが、1999年に認可されました。

ピルは、女性ホルモンの作用を利用することによって妊娠を防ぐ薬です。

ピルには、女性の卵巣から分泌されている「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が含まれています。ピルを飲み、女性ホルモンを摂取すると、脳が、妊娠に必要なホルモンが既に分泌されたと勘違いします。

それによって、卵巣からのホルモン分泌の増加が抑制されます。その結果、排卵が起こらなくなり、妊娠しなくなるのです。

ピルとコンドームを併用することで、より確実な避妊ができます。

一方、ピルには、女性ホルモンの摂取による副作用が起こることもあります。また、体質や持病によっては、ピルを使うことができないので注意が必要です。

ピルを使いたい場合は、病院で医師の診察を受け、処方してもらいましょう。

ピルは避妊以外にも効果あり?

ピルは避妊のために使用する人が多いですが、他にも生理痛や月経不順、そしてニキビの改善効果も期待できます。

ピルを服用することで、女性ホルモンの分泌が抑制されると、子宮内膜の厚みが減少します。その結果、生理の出血量も減少します。また、生理痛や月経前症候群(PMS)の症状も軽減されます。

さらに、規則正しくピルを服用することで、生理周期の改善や、ホルモンバランスの崩れによって引き起こされるニキビや更年期症状の改善にも繋がるのです。

ただし、ピルを服用することで、副作用が起こることがあります。

多くの場合、ピルの飲み始めは吐き気や頭痛などが起こります。他にも、むくみや乳房の痛みが出ることもあります。

こうした副作用はあくまで一時的なものなので、それほど心配はいりません。飲み続けるうちに、症状はしだいになくなっていきます。

ピルは、生理周期に合わせて飲む必要があります。また、喫煙量が多い人や糖尿病患者、高血圧の人は使えないなど、制限があるので注意が必要です。

ピルは、適切に使えば怖い薬ではありません。ピルを使ってみたい人は、病院で診察を受け、自分がピルを使っても問題ないか確認してもらいましょう。

ピルの効果は避妊

ピルの避妊効果で、ふたつの女性ホルモンの作用によって排卵が抑えられ、妊娠しづらい状態になります。卵胞の成熟が抑制されることによって、排卵が起こらなくなるので、妊娠をしなくなります。

卵子と精子が結びつかなければ妊娠をすることはありませんから、これだけでも高い避妊効果があるということがわかるでしょう。

それ以外にもピルの役割はあり、子宮を「受精卵が着床しづらい状態」にしてくれます。受精しても、受精卵が着床しなければ妊娠しません。このような面からも、ピルのもつ役割は大きいといえます。精子の侵入を阻害する働きもあり、精子が子宮まで到達しづらくなります。

このように卵巣に働きかけて排卵を抑制したり、着床しづらくしたり、精子の侵入を邪魔したりと、複数の働きによって避妊状態にしてくれるのです。

避妊方法の中ではもっとも高いレベルで避妊をすることができるので、絶対に妊娠をしたくないと考えている人には最適です。

仕組みを理解しておかないと本当に避妊できるかどうか不安になってしまうものですが、仕組みを理解すれば安心して使用をすることができますから、覚えておくとよいでしょう。

ピルに性感染症を防ぐ効果はないので注意

ピルの効果による避妊率は、正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で妊娠を避けることができるとされています。

一方、ピルを飲んでいたけれども妊娠をしてしまったというケースもあります。これは、服用方法が間違っていたり、避妊効果が出る前に性行為をした、あるいはピルを飲む前に性行為をしていたことが原因です。純粋な失敗はほぼありません。

ピルを飲めば、妊娠をほぼ確実に防ぐことができます。ただし、妊娠をしなければコンドームをしなくても大丈夫かというと、問題はそれだけではないので油断をしないようにしましょう。

ピルは、避妊に対しては非常に高い効果を発揮してくれますが、性感染症を予防する効果はありません。性感染症を予防するうえで最も有効な手段は、コンドームの着用です。この点をよく理解しておく必要があります。

性行為は、妊娠だけでなく、性感染症もあるということを忘れないようにして、病気の予防のしっかりと心がけなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました