ピルの子宮内膜症の効果について

ピルの子宮内膜症の効果について

子宮内膜症は、子宮内で作られる子宮内膜が、他の場所で作られて増殖する病気です。

原因は、女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。

正常な子宮内膜は、月経周期に合わせて子宮内で増殖し、妊娠しなかった場合に剥がれ落ちて体外に排出されます。

しかし、子宮外にできた子宮内膜は、剥がれ落ちるときに炎症を起こしたり、臓器と癒着したりして生理痛や腰痛など激しい痛みを起こします。

治療方法は、手術と薬物療法があり、年齢や症状の程度などで決まります。しかし、症状が重い場合は手術をすることが多いようです。

薬物療法は、痛みをやわらげる対症療法とホルモン療法があります。

ピルの服用は。ホルモン療法です。

ピルを服用すると、薬に含まれている成分が脳に働きかけ、妊娠状態や閉経状態と錯覚させることで、排卵自体が止まります。

エストロゲンの分泌が減り、子宮内膜症の増殖も止まるという効果があるわけです。

しかし、長期間服用することで、副作用がでる場合があります。

また、服用中は排卵が止まっているため妊娠できません。

ピルを使用できない人もいるため、服用可能かどうかも含めて医師とよく相談することが大切です。

ピルの効果で子宮内膜症はおさまる?

ピルを服用することで、子宮内膜症の症状を抑えられます。

子宮内膜症が完治するわけではないので、飲むのを止めてしまうと、再び症状は進行してしまいます。

薬を飲んでいる間は排卵が止まるので、妊娠を希望する人の中には、放置する人もいるかもしれません。

しかし、子宮内膜症は、生理が起こるたびに悪くなります。また、悪化すると、卵管や卵巣が病巣と癒着し不妊症の原因になるのです。

また、卵巣で発症し合併症を起こした場合、悪化すると病巣が腹腔内で破裂したり、がん化する可能性がでてきます。

子宮内膜症が原因で不妊で悩んでいる人は、ピルがおすすめです。

また、子宮内膜症と診断されたとしても、薬物療法だけで自然妊娠を目指すこともできます。

ある程度症状が進んでも手術で根本的な治療をしてから不妊治療をおこなうことができます。

また、生理の度にひどい痛みがあるのであれば、ピルを服用するべきでしょう。

まずは、我慢したり放置しないで早めに婦人科を受診することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました