ピルの生理痛を抑える効果について

ピルは生理痛を軽くする効果がある

生理痛は、厚みをもった子宮内膜が剝がれ落ちるときに生じる痛みのことです。生理時は、子宮内膜が厚くなって剝がれ落ちることで出血が起こります。また、出血量が多い場合ほど、痛みも大きくなる傾向にあります。また、生理の1週間前になると、月経前症候群が起こることがあります。

ピルを飲むと、体内のホルモンの働きが安定します。その結果、子宮内膜が厚くなるのを抑えられます。そして、生理痛が軽くなったり、出血量が抑えられたりするのです。

毎回同じ時間帯にピルを服用していくことで、体内のホルモンが安定した働きをするようになります。ピルを飲む時には服用時間に気を付けることが大切です。正しい服用方法を守って飲むことが重要です。ピルの服用を考えている人は注意しましょう。

ピルの効果で生理痛はおさまる?

人によっては、生理時に、腹痛や腰痛などの症状が重く強くなります。

器質性月経困難症は、子宮内膜症や子宮の形態が正常ではないなどの原因で、生理痛が起こる状態です。

機能性月経困難症は、子宮の収縮を促す物質が過剰に分泌されるのが大きな原因とされています。

器質性月経困難症と機能性月経困難症は、いずれもひどい生理痛が起こります。

ピルを服用すれば、症状が改善され、日常生活に支障をきたす重い生理痛が軽くなるでしょう。

月経困難症の人や、生理が重い人は、医師に相談してみましょう。ピルを服用する際、間違った飲み方をしないよう、専門医や薬剤師の指示に従って飲むことが重要です。また、月経困難症の場合、考えられる原因についての治療が必要になります。

タイトルとURLをコピーしました