ピルの効果は病気予防も

ピルの効果は病気予防

ピルは、妊娠を防ぐ薬として一般に認知されています。

また、それだけでなく女性特有の病気を防ぐ効果がある事も証明されているのです。

ガンは、現在病気死亡率の上位を占めていて様々な臓器などが対象になります。

子宮関連のガンは男性にはないもので、この病気を防げるのがピルなのです。

低用量ピルなら、安全性も高く確実に避妊できます。

低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤です。服用すると排卵が抑えられるだけではなくて子宮内膜の増殖を抑える事ができます。

子宮体がんや卵巣がんは、細胞分裂が活発に行われる場所に増殖しやすいです。

ピルを服用する事で、子宮内膜が厚くなる事を防ぐ事ができます。細胞分裂が起こりにくくがんの発生を抑える事ができるのです。

ピルの効果でウイルスが子宮に入るのを防ぐ

ピルは避妊効果のある薬です。しかし、副作用が多いことも確認されています。

副作用といっても悪いことばかりではなくて、病気予防にもつながるという大きなメリットもあります。

服用する事で大きく変わる変化が、子宮頸管粘液です。

この粘液が変化すると、精子だけでなくウィルスや細菌の子宮内への進入を防げます。

結果的に骨盤内感染症や卵管炎といった病気を未然に防げるのです。

ここで注意したい点が服用期間です。

短期的な服用で避妊という目的なら全く問題ないのですが、病気の予防の場合は完璧ではありません。

服用は1か月が1つのサイクルになっています。

生理初日から1錠ずつ決まった時間に飲みます。これを3週間続けて1週間休むという事を繰り返すのです。

服用を続けていく事で避妊できます。また、妊娠しにくい身体になっていく効果もあり、婦人病などを防ぐ効果も高まるのです。

病気になったとしても、症状を軽くする薬として用いられます。

タイトルとURLをコピーしました